HOME > 2012年12月

Macrobi Rice

Macrobi Rice

「マクロビライス」

先日のヴィーガンライスに続き、豆やヒジキに椎茸に、いろんな雑穀を加えた混ぜご飯。1ヶ月前からこんな感じの健康志向な料理をはじめたら、体調もよく、お通じもよく、体重が2〜3キロ減ったのですよ。来年はもっと本格的に極めていきたいジャンルです。みなさまもぜひ!

<材料>
・玄米、黒米、アマランサス、押麦、きび、あわ
・椎茸、ヒジキ、大豆、昆布、ごま
・醤油、きび糖

なかでもアマランサスはすごい栄養価だから要チェックです。

Beans

Beans

「豆、いろいろ」

メタボに近かったり、高脂血症だったり、身内が癌だったり、なのでこのごろ健康志向にシフトしてますが、なかでも豆はとっても栄養価のバランスが良くて優等生な食材。しかも調べてみると、いろんな種類もあって、とってもおくが深い。正月に向けて黒豆もそろそろ準備をはじめる時期ですが、一緒に他の豆も煮込んでみようかと思います。

写真は紫花豆。きび糖でゆっくりコトコト煮込みました。


Oden Rice

Oden Rice

「おでんスープで炊いた雑穀ごはん」

おでん鍋をしたあとに残ったスープを使って、雑穀ごはんを炊きました。オコゲを多めにつけるのが最大のポイント!普通のお米より噛み応えもあって、味わいがとっても深いですよ〜。

<材料>
・玄米、アマランサス、押麦、きび、あわ
・おでんのスープ

Hijiki Salad

Hijiki Salad

「ヒジキのサラダ」

ヒジキをメインに、ゴボウにシイタケさらにオカラを和えてサラダに。正確にはシイタケと昆布のダシで炊いた煮物です。冷まして一晩ほど寝かせて味が馴染ませたると、常備できるサラダとしてとっても重宝します。

<材料>
・ヒジキ、ゴボウ、干しシイタケ、オカラ
・こんぶ、醤油、てんさい糖、お酒、ごま油

Oriental Fish Rice

Oriental Fish Rice

「鯛のオリエンタルな混ぜゴハン」

ちょっと鯛の小骨がめんどうですけど、マジかなり美味しいですよ。混ぜゴハンは大好きなのですが、玄米や雑穀で炊いたものは、格別にうまいです。香りも味もスパイシーに仕上がってテーブルは大盛り上がり。

材料と作り方はレシピブログの連載「ヒグッチーニの週末もてなしランチ」で要チェック!!


Beet Chips

Beet Chips

「ビーツのチップス」

赤紫が鮮やかなビーツをスライスして、オーブンで水気を飛ばして乾燥させたビーツチップス。甘味に、土っぽさやアクっぽさも凝縮してて、濃厚。サラダや和え物に使う予定。

続きを読む

Borscht (борщ)

Borscht / борщ

「ボルシチ」

ビーツを使った代表的なスープ「ボルシチ」はウクライナの伝統料理。はじめて作って食べました。鮮やかな赤紫で、土っぽさや苦みが少しあるのでほんとに美味しくなるのか心配でしたが、お肉と他の野菜と煮込んでいくと、あら不思議といい感じ。仕上げにサワークリームの代わりに塩ヨーグルトを加えたら、ばっちり美味しく仕上がりました。

ちなみに作り方はWikipediaのものを参考にしてます。※サーロとディルとサワークリームは使ってません。

Apple Bread (Beet Red)

Apple Bread (Beet Red)

「ビーツで赤くしたリンゴジャムのせブラウンブレッド」

ビーツの汁はけっこうなんでもしっかり赤く染めます。リンゴのジャムもこんなに赤く。なのでクリスマス向き。

<材料>
・全粒粉、薄力粉、ベーキングパウダー、ヨーグルト
・ハチミツ、きび糖、リンゴ、ビーツ、粉糖

Spinach Cream

Spinach Cream

「ちぢみほうれん草のクリーミーパスタ」

甘みがあって濃い味のちぢみほうれん草を使ったクリーミーなパスタ。デロンギのハンドブレンダーのモニターに当選して、さっそく作ってみたメニューです。

作り方などはタベタッテにアップしましたのでご覧下さい。
>こちら

Azuki Kayu

Azuki Kayu

「雑穀で小豆粥」

たぶん栄養も消化もよく、冬至の朝食にぴったりな感じの小豆粥。これを食べれば次の一年をまた健康に過ごせそう。

作り方はタベラッテにアップしました。>こちら

続きを読む

<<PrevPageTopNext>>

Topics
Menu
archives

全ての記事を表示する

Link

facebook Higuccini
marieclairestylejp


powered by レシピブログ