HOME > 2011年10月

Yakibuta Don

Yakibuta Don 焼豚丼
「焼豚丼」
炊きたてのご飯にチャーシューをドーン。オトコのガッツリ飯の定番。なるべく薄くスライスし、8枚程度を重ね盛った特盛バージョン。特製タレには葱と赤唐辛子にごま油をプラスでステキな味付けに。いつまでも食べ続けたい一杯で、星三つ!!!

<材料>
・自家製チャーシュー、秘伝のタレ
・ごま油、葱、赤唐辛子


Apple Pie

Apple Pie アップルパイ
「アップルパイ」
アップルのスティーブ・ジョブズ氏を追悼し、アップルパイを作りました。お仕事でもアップルのコンピュータは20年も使ってますの、人生の半分以上をお世話になり、たいへん感謝してます。そしてこれからもたくさんお世話になります。今回のはじめて作るアップルパイはiPadのような四角い薄型です。

<材料>
・リンゴ、バター
・砂糖、シナモンパウダー
・パイシート、卵黄

Parapara Chahan

Parapara Chahan パラパラ炒飯
「パラパラ炒飯」
自家製チャーシューの味が凝縮してる端っこのところを使ったチャーハン。パラパラの仕上がりにこだわって、とにかく中華鍋を動かし、終始ご飯ろ具材を踊らせる。味付けには塩コショウとやっぱり秘伝のタレ。

<材料>
・白米、自家製チャーシュー
・三つ葉、長ネギ、卵
・秘伝のタレ、塩、コショウ


Rustique (No.7)

Rustique (No.7)
「梨の天然酵母のリュスティック」
今朝の焼きたてパンはコロコロしたテニスボールサイズのリュスティク。水分量が多めなのでカタチはまちまちですけど、元気な梨の酵母で焼きました。クラストは噛み応えあるしっかりした固さで、クラムはもっちり。料理にあうプレーンなパン。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・パン種、塩、水


Patata e Cinghiale

Patata e Cinghiale 猪肉じゃが
「猪肉じゃが」
長野の実家より猪の肉(冷凍のもの)をいただきました。赤く艶の良いジャガイモの「アンデスレッド」と一緒に煮込み、野性的な味の肉じゃがを作りました。苦手な人も多そうな匂いにクセのある肉ですが、好きな私はそこが旨くてたまりません。型くずれせず、ホクホクで滑らかなアンデスレットとも相性抜群。

<材料>
・猪肉、アンデスレッド
・玉葱、ニンニク、ローリエ
・オリーブオイル、バター
・ブラックオリーブ
・塩、コショウ


Keema Curry

Keema Curry キーマカレー
「キーマカレー」
格別なオリジナルのキーマカレーができました。おいしいので、ライスとパンの両方でいただきます。おいしさのポイントは、まずお肉をしっかり焼き炒めること。そして、野菜たちも細かく刻んで、量が1/3くらいに減るくらいしっかり炒めることですね。木べらを休まず動かし焦がさないよう丁寧に。とても根気が必要です。

<材料>
・合挽肉、玉葱、ズッキーニ
・トマト、パセリ、ニンニク、赤唐辛子
・オリーブオイル、バター、レーズン
・ミックスナッツ、S&Bカレー粉(赤缶)
・そのほか(ひみつ)


Sobagaki Shiruko

Sobagaki Shiruko そばがきしるこ
「そばがきしるこ」
甘い朝しるこで温まります。お餅の代わりにソバガキを使ってヘルシーメニュー。質素な感じだけど、蕎麦も小豆も優れた栄養食材なんですよね。美容にも良くて、若返り効果ありますよ。

<材料>
・そば粉、小豆、砂糖、塩


Goma Mochi

Goma Mochi ごまもち
「ごまもち」
イカスミじゃありませんよ。こちらは特製ゴマダレの焼きボタ餅です。五平餅のゴマダレ版って感じです。みたらしのタレに擦りゴマを加えたもの。このモッタリ感がたまりません。
ゴマも栄養は優れた食材で、血中の悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化の予防にとても良いから自分にピッタリ。そして老化防止に美容にも良いです。ゴマは摩ることで吸収も高まるので、ぜひスリスリしましょう。

<材料>
・もち米
・黒ごま、砂糖、醤油


Sekihan

Sekihan 赤飯
「赤飯」
ストウブで赤飯を炊きました。特に祝い事ではないのですが、久しぶりに食べましたし、自分で作るのは今回が初めて。幸せな気持ちになるご飯です。

<材料>
・もち米、白米
・小豆、黒ごま、塩


OHAGI

OHAGI おはぎ
「おはぎ」
朝から甘いもの。昨日の赤飯の材料を使って、家庭で簡単に楽しめる和スイーツ「おはぎ」。これも初めて作りましたが、いいですねー。アンコは甘さ控えめで、中のモチは柔らかめのツブツブモチモチした食感がたまりませんわ。いい歳になってくると、こういう昔から変わらない素朴な味が良かったりします。

<材料>
・もち米、白米
・小豆、砂糖、塩


<<PrevPageTopNext>>

Topics
Menu
archives

全ての記事を表示する

Link

facebook Higuccini
marieclairestylejp


powered by レシピブログ