HOME > 2011年03月

Pomodoro e Sgombro

Pomodoro e Sgombro トマトとサバのスパゲッティ
「トマトとサバのスパゲッティ」
トマト缶とサバ缶の2大缶詰のコラボレーション。非常時でもこれだけあればかなりイケる味。調理時間もかからず、あっというまに美味しくできます。美味しさのポイントはサバ缶の「汁」を捨てずに加えること。

<材料>
・トマト缶、サバ缶(水煮)
・塩、オリーブオイル

※オプション
・バジル、オレガノ
・玉葱、ブラックオリーブ
・アンチョビ、ニンニク

Pizza al Taglio (No.6)

Pizza al Taglio (No.6) ピッツァ・アル・タッリョ (No.6)
「ピッツァ・アル・タッリョ (No.6)」
節電のため、生地は極力薄くのばして火の通りを良くさせて焼いたピザ。半端なあまり野菜をいろいろのせてます。これで冷蔵庫の生鮮食品はなくなりました。

<材料>
・強力粉、自家製酵母のパン種
・塩、砂糖、オリーブオイル
・ホールトマト、ニンニク
・サラミ、玉葱、ブラックオリーブ
・ブロッコリー、キャベツ、長ねぎ
・アンチョビ、ピザ用チーズ

Onigiri

Onigiri おにぎり
「おにぎり」
日本を代表するウルトラソウルフードの「おにぎり」。私の好きな具材は1位は「しゃけ」。2位は「こんぶ」で、3位は「おかか」。忙しくて時間がないとき、片手で食べれて、素早く満たされます。

<材料>
・お米、海苔
・しゃけ、おかか、こんぶ

Baozi (No.3) 

Baozi (No.3) 焼き肉まん
「焼き肉まん」
ふっくらと蒸した肉まんを、さらに上面をフライパンで香ばしく焼いてみた。ゆっくり弱火でチリチリと焼き上げ、煎餅のようにカリっとさせてます。モチっと生地に、焼き面のこのアクセントが加わって美味しさ倍増。

<材料>
・強力粉、パン種、砂糖、塩
・豚肉、椎茸、筍、長葱、生姜
・紹興酒、醤油、干し貝柱、ごま油
・サラダ油

Paccheri con Polpo

Paccheri con Polpo タコのパッケリ
「タコのパッケリ」
タコからでる汁はピンクなので、少し春っぽい感じになる。タコはパスタによく合うように少し薄切りに。隠し味に少しのアンチョビと、少しのカレー粉を加えることで、タコの旨みが引き出される。

<材料>
・パッケリ、塩、オリーブオイル
・タコ、セロリの葉、アンチョビ
・カレー粉

Ciabatta Grande

Ciabatta Grande 大きなチャバタ
「大きなチャバタ」
大きめにチャバタを作った。水分量を多めにしたので、整形が難しく、歪なカタチに焼きあがりました。カッコは悪いけど、普段の食事にはこれで十分。3、4日くらい持ちそう。

<材料>
・タイプER、リスドォル、パン種
・砂糖、塩、モルト溶液、水

Alfabeto

Alfabeto アルファベットのパスタ
「アルファベットのパスタ」
ブログのタイトル「THE LAST ORDER」をアルファベットのパスタで作ってみました。
「HIGUCCINI」の「G」の文字がなかなか見つからず、よーく「C」を比べて見たら、微妙に「G」だった。

「Q」カワイイです。


Baumkuchen

Baumkuchen バームクーヘン
「バームクーヘン」
ねんりん屋のバームクーヘンをいただきました。大きく厚く、食べ応えのあるサイズ。そのままでも十分おいしいですが、イチゴとホイップを加えて、贅沢仕様で食べました。

<材料>
・バームクーヘン
・イチゴ、生クリームホイップ

Sausage Epi (No.2)

Sausage Epi (No.2) ソーセージエピ(No.2)
「ソーセージエピ(No.2)」
大好評だったので、2回目のソーセージエピ。正統なエピのカットをしてみましたが、難しい。。まぁカタチは不揃いだけどそれもかわいい。クラストも良くでき、焼きはほぼ完璧でした。黒コショーを効かせてスパイシーに仕上げてます。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・塩、モルト溶液、水、パン種
・ソーセージ、黒コショー

Zuppa di Alfabeto

Zuppa di Alfabeto アルファベットパスタのトマトスープ
「アルファベットパスタのトマトスープ」
アルファベットパスタをスプーンにとって、単語ができてるとちょっと嬉しい。なので、一口一口考えながら味わえるスープ。

<材料>
・アルファベットパスタ
・ホールトマト、オリーブオイル
・塩、コショウ、玉葱、バジル

<<PrevPageTopNext>>

Topics
Menu
archives

全ての記事を表示する

Link

facebook Higuccini
facebook Higuccini
marieclairestylejp


powered by レシピブログ