HOME > Rustique

Home Baked Bread

Home Baked Bread

「自家製酵母」

無骨に焼けたパン。やっぱりクープって苦手。デロンギのミニコンベクションオーブンで焼いてます。とってもクラストが好みの具合に焼けるのでいいです。


Home Baked Bread

カットしてトーストして朝食に。塩たりなかったけど、まぁまぁおいしい。


Rustique

Rustique

「リュスティック」

ひっさびっさに焼いた天然酵母のパン。パンの整形はほんと苦手で、やっぱり不細工なカタチですが、自分用なのでこんなんでオッケ。


Rustique

のんびり育てたレーズン酵母は、いまこんな感じの中種になりました。

Rustique

Rustique

「リュスティック」

今朝は久しぶりにシンプルな田舎パンのリュスティック。水分量の多い生地なので形はラフですけど、香ばしく焼けたクラストは噛み応えあるしっかりした固さで、クラムはもっちりしっとり。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・ドライイースト、塩、水

Rustique (No.8)


「リュスティック (No.8)」
型に入れて焼いてみたリュスティック。いいカタチにならず、こんな感じ。切ってしまえばこんなカタチでもそこそこ大丈夫。今週になってうちの酵母の元気がなくなってきました。そろそろ次の酵母を考えようかな。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・パン種、塩、水



Rustique (No.8) リュスティック きのこチーズのせ
「リュスティック きのこチーズのせ」
今朝の朝ご飯は、カタチの悪いパンをスライスして、炒めて味付けしたキノコとチーズとパセリをのせてトースト。トロっとジュワーっとサクっと。大まんぞく。

<材料>
・エリンギ、マイタケ
・塩、コショウ、バター
・ピザ用チーズ、パセリ


Rustique (No.7)

Rustique (No.7)
「梨の天然酵母のリュスティック」
今朝の焼きたてパンはコロコロしたテニスボールサイズのリュスティク。水分量が多めなのでカタチはまちまちですけど、元気な梨の酵母で焼きました。クラストは噛み応えあるしっかりした固さで、クラムはもっちり。料理にあうプレーンなパン。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・パン種、塩、水


Rustique (No.6)

Rustique (No.6) リュスティック (No.6)
「リュスティック (No.6)」
自家製ベーコンを加えたリュスティック。カタチはイビツですが、ベーコンの脂と塩の旨味が、程よくパンの生地とあわさって、いい味を出してくれてます。

<材料>
・ウーブリエ、リスドォル、パン種
・モルト溶液、塩、水
・自家製ベーコン

Rustique (No.5)

Rustique (No.5) リュスティック (No.5)
「リュスティック (No.5)」
我が家の朝食の定番となりつつある焼きたてのリュスティック。小麦の配合、焼く温度と時間によって、クラストもクラムもけっこう変わり、いつも違った味を楽しんでます。作り方はアバウトで、レシピは細かく書きとめていないから、同じものをまた作るのは実は大変。今回のリュスティックは、薄くカリっとしたクラストに、クラムはふっくらもっちりタイプで、美味しいのが焼けました。やっぱりパンは焼きたてがいちばん!!

<材料>
・タイプER、リスドォル、パン種
・モルト溶液、塩、水

Rustique (No.4)

Rustique (No.4) リュスティック (No.4)
「リュスティック (No.4)」
いつもより水分量多めの生地にしたリュスティック。あずきを入れてアンパンにしてみましたが、整形が難しくて焼き上がりの写真は恥ずかしすぎてお見せできません・・・焼きたての熱々を切り、マーガリンを塗って頂くと最高です。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・塩、モルト溶液、水、パン種
・あずき缶、マーガリン

Rustique (No.3)

Rustique (No.3) リュスティック (No.3)
「リュスティック (No.3)」
今回はレーズンを加えて焼いてみました。けっこうな量のレーズンを混ぜ込んでいるのですが、試しに割ってみたところ1粒だけ(写真)。絵的には二つ三つ見えて欲しかった。ちなみにリュスティック=フランス語で「素朴な」の意味。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・塩、モルト溶液、水、パン種
・干しぶどう

Rustique (No.2)

Rustique (No.2) リュスティック
「リュスティック (No.2) 」
前回のリュスティックとは粉の配合を変えたり、発酵時間や温度を変えて作ってみました。きれいな焼き色と、均一な膨らみになって、優等生な感じ。もっと男らしく無骨でたくましい感じにしたかったんだけど。

<材料>
・タイプER、リスドォル
・塩、モルト溶液、水、パン種


Paneのカテゴリが100件になりました。2年前ののパンは、今よりぜんぜんヘタクソですはずかしい。


PageTopNext>>

Topics
Menu
archives
Link

facebook Higuccini
facebook Higuccini
marieclairestylejp


powered by レシピブログ