HOME > NAGANO

Oyaki

Oyaki

「おやき」

長野のソウルフード「おやき」を作りました。いろんなお野菜のお惣菜を使った家庭的なおやつです。野沢菜、茄子、切り干し大根、カボチャ、きんぴらごぼう、などなど定番の具材をシンプルな生地で詰めて焼くだけ。長野の田舎では囲炉裏の灰の中で焼いたりも。

Iris

iris

「アヤメの実」

長野の実家に帰省してます。庭や裏山で枯れた落ち葉などを拾ってます。こちらの黒いものは枯れながらもしっかり立っていたアヤメの実。



blueberry

「ブルーベリーの葉」

青紫の実をつけるブルーベリーも、秋は葉を真っ赤に紅葉させます。東京にくらべて朝晩はとても寒く、こちらはもうすぐ冬になります。


Goheimochi

Goheimochi

「玄米で五平餅」

玄米を粗めに突いて作った五平餅。今回の胡桃の甘味噌ダレには、特別にセロリの葉を刻んで炒めたものを加えてるので、甘さの中にセロリの独特の苦みが加わって、少し大人な味に。

<材料>
・玄米、胡桃、甜菜糖、味噌、醤油、みりん、セロリ、ゴマ油

Mastutake Cartoccio

Mastutake Cartoccio

「松茸の紙包み焼き」

長野の実家から届いた立派な松茸の中くらいの3本を贅沢に紙包み焼きにしました。松茸の素晴らしい香りを楽しむには、この閉じ込めて蒸し焼く紙包み焼きがシンプルで簡単でおいしいです。松茸の香りを大事にするため、なるべく味付けは控えめにするのがコツ。


材料と作り方はレシピブログの連載にアップしました。
「Higucciniの週末もてなしランチ」


Matsutake

Matsutake

「長野の松茸」

長野の実家から7本の松茸をいただきました。採れ立て直送で香り抜群。。今週はとっても幸せなご飯になりそうです〜。

Taranome

Taranome

「タラノメ」

今シーズンも長野の実家からタラノメが届きました。立派なサイズなものをごっそりと。大好物なので、超しあわせ!!一本ずつ丁寧に天ぷらを揚げていただきま〜す。

Nagano Autumn

Zakuro

「ざくろ」

長野の実家へ遊びに来てます。裏山でみつけた野生のザクロ。落ちたてので汚れてます。


Marron

「栗」

栗も落ちてますが、ほとんど中の実はすでになかったり、虫食い。赤い実はマムシグサの実で、食べれないもの。


hiratake

「ヒラタケ」

茸は最盛期です。今シーズンの松茸は不作だそうです。このヒラタケは頂き物。


hiratake

「焼きヒラタケ」

網で焼くだけで美味しい採れ立てのキノコ。

四季折々でいろんな自然の恵みがあって、たのしい長野の実家です。

Okinado

Okinado

「松本の翁堂のミミーサブレ」

週末に長野の実家に帰り、松本をぶらぶら。美味しいものをいろいろ探して散策してきました。今回のおみやげに選んだのがこの翁堂のミミーサブレ。オウムのイラストがとても可愛らしいパッケージでとても目を引きます。40年前からのパッケージと聞くと、さらに愛らしいです。味もなかなかいいですよ!

Winery - Early Summer -

Winery

「初夏のワイナリー」

長野県の某ワイナリーに行ってきました。この季節はまだ果実はなってませんが、まわりは豊かな緑と美味しい空気に囲まれて心地よく静かな環境です。ワイナリーにはワインの他に、周辺の美味しい食材や情報が集まっていることがあり、ちょくちょく行くのは楽しいです。次は秋に。


Fukinoto

Fukinoto

「ふきのとう」
実家の長野より「ふきのとう」が届きました。今朝はさっそく「ふき味噌」にして炊きたてご飯をいただきました。味噌汁にもふき味噌をチョイ足しすると独特の苦みで大人味噌汁になります。春味。

<<PrevPageTopNext>>

Topics
Menu
archives

全ての記事を表示する

Link

facebook Higuccini
marieclairestylejp


powered by レシピブログ